2008年より、首都圏の商店街・コミュニティースペースなどで、カントリーサロンメンバーの農産物を持参して「大地の恵みのおすそわけ」(試食会や販売会など)を実施しております。

2010年度の取り組み


【11月】
今年は例年ご協力いただいている十条と、今回初めておじゃまする東京都杉並区の阿佐ヶ谷でカントリーサロン農産物の試食会を実施しました。
今年からメンバーで取り組んでいる「乾燥野菜」をPRするとともに、ジャガイモをふかしたものやキノコのソテー、キノコご飯などを出しながら、カントリーサロンの情報誌・チラシなどを渡し、大雪山の位置や農産物のことなどを伝えていきました。


2009年度の取り組み


【11月】
8月に引き続き、11月も十条・青葉台で「知産知消」フェアを開催しました。サロンからは販売研修も兼ねて、総勢12名の大所帯で参加。2日目の青葉台では、延べ80名超のお客様に一斉に試食品を出すという初めての取り組みに、全員が力を合わせて一生懸命おもてなしをしました。
 過去数回の交流を重ねることで、顔見知りの方もチラホラ。「人とモノ」の定期的な交流が出来てきているのではと実感しております。

【8月】
北海道の中山間と首都圏の商店街を結ぶ北海道「知産知消」フェアが、去る8月8日(土)(埼京線十条駅前「ダイニング街なか」)、8月9日(日)(田園都市線青葉台駅前「ポコアポコ」)の二日間に渡って開催されました。
 今回は、マオイ田園サロンのメンバーにも加わって頂き、更に品揃えも充実させて交流を図りました。取組を通じて、都会の消費者の皆さんに、北海道の農産物の味の良さを十分アピール出来たと思っています。



2008年度の取り組み

商店街の中でコミュニティースペースを運営する「ポコ・ア・ポコ」さんの協力で、スペースでの試食会とその後の即売会を、3月と11月の計2回開催いたしました。

【3月】
「大地の恵みの試食会」は、大雪山麓の農産物・乳製品からお米や加工品、最後はデザートまで30品以上の豪華な試食会となりました。どの品も皆さん喜んでいただきましたが、あまりの量に食べきれなかった方もいらっしゃっり・・・。
【11月】
初日は地域のケアプラザで斉藤晶さんの講演会、翌日にポコ・ア・ポコさんでの試食会を実施。
現地での事前告知が不十分だったため、参加人数はかなり少ない状況でしたが、参加された方には講演会・試食会ともに十分満足していただけました。 


【8月】
商店街貸店舗での朝市に2日間、商店街近郊でのフリーマーケット市に1日の計3日、大雪の旬の恵みをおすそわけ(販売)しました。朝市2日目には、前日の反響(口コミ)があって開店前から並んでいた程。特にトウモロコシとトマトが大人気でした。
また、青葉台の際と同様に生産者が直接出向いて会場で農産物の説明をしましたが、「生産者の声・顔を直接伝える」ことで、消費者の方の交流が図れると改めて実感しました。


【10月】
四谷駅前を中心とした「四谷大好き祭り」の一角で、大雪の旬の恵みをおすそわけ(販売)しました。
10月ということもあり、ジャガイモやカボチャなどの根菜類やスイーツなどを中心に紹介していきましたが、出店場所に恵まれなかったのか消費者の方に思うように伝えることができませんでした。
それでも、いったん試食をしてもらうとその美味しさに購入する方も多かったです。
商店街の方には準備段階から多大なご協力をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。


【9月】
「元住吉オズフェスタ」に大雪の旬の恵みをおすそわけ(販売)しました。
(カントリーサロンメンバーは出向かず現地担当が紹介)
トウモロコシ、ジャガイモなどを中心とした商品はほぼ完売となりました。



Copyright(C) 2009 Taisetsu Country Salon All Rights Reserved.